株式会社 鳥貴族鳥貴族の取り組み > 国産国消への取り組み

国産国消への取り組み

国産国消

鳥貴族は、2014年より「焼鳥屋 鳥貴族」で使用する食材の国産比率向上を掲げ「国産国消」へ取り組んでいます。
創業当初より焼鳥の美味しさにこだわり国産鶏肉を使用してきましたが、「国産食材を使用することで、お客様に安心・安全、そして新鮮でおいしい料理をご提供する」「日本の生産者を支援し、少しずつではあるものの日本の未来に貢献する」という2つの想いから、「焼鳥屋 鳥貴族」全食材の国産化に挑戦してきました。
2014年の取り組み開始以来、適宜食材の見直しを行い、2016年10月より、食品表示法(平成27年4月1日施行)で定められた国産基準において、フードメニューで使用する食材(生鮮食品・加工食品)全てが国産になりました。

■ 私たちの約束

・お客様へ安心・安全な食材を使った料理をご提供する
・新鮮な食材を使い、より一層美味しい料理をご提供する
・飲食企業として日本の一次産業、生産者を支援する

「国産国消」の取り組みを通じて、この3つを実現することで、従来のチェーン店に対する「美味しくない」「安全性に不安」というお客様のイメージを払拭し、若者からシニアまで幅広いお客様にご愛顧頂ける店舗作りを進めています。

鳥貴族の国産国消ガイドライン

・生鮮食品
食品表示法(旧JAS法・旧食品衛生法)で定められた国産基準を満たした食材

・加工食品
食品表示法(旧JAS法・旧食品衛生法)に基づき、最終加工国が日本となっているもの。
※加工する際に使用する食品原材料には外国産も含まれております。

■ 沿革

沿革

■ 生鮮食品国産化への挑戦

― 最難関は貴族焼のこだわりを実現する白ネギ

鳥貴族では、創業以来国産鶏肉を使用してきました。国産国消の取り組み開始からは、野菜についても国産化をすすめ、これまで輸入品を使用していた人参や玉ねぎなど国産化を進めていました。全食材国産化を目指すなかで、生鮮食品で最も国産に切り替える難しかったのが名物 貴族焼に使われる白ネギです。貴族焼では、鶏肉と白ネギの両方が最も美味しく焼けるサイズにこだわっており、一般的に国内で流通されている白ネギ(Lサイズ・直径2cm程度)では理想の貴族焼をつくることができません。そこで、日本中の白ネギ生産者から貴族焼のための白ネギを育ててもらえる生産者を探し、鳥貴族の独自基準で栽培を行ってもらうことで、全て国産食材の貴族焼を提供できるようになりました。

ネギ生産者 串打ち

■加工食品国産化への挑戦

― 外食企業では極めて国産比率の低い定番メニューも国産へ

鳥貴族でも人気の高い定番メニューのポテトフライ、枝豆も国産国消の取り組みから国産への切り替えに踏み切りました。これらの加工食品は飲食店全般で定番メニューとして提供されていますが、そのほとんどが輸入に頼っており国産比率が極めて低いメニューです。まずはメーカーを探すために公募を行いましたが、鳥貴族全店で使用する量を供給できるメーカーがなかったため、最終的には複数社で協力していただきながらの供給体制を構築しました。しかし、その後も工場の新設や新たな機械の開発などさまざまな困難がありましたが、国内加工の実現のため、新たに商品開発を繰り返し、鳥貴族として納得できるクオリティとコストで国産でのメニュー化を実現しました。

枝豆生産者 鶏肉工場 鶏肉生産者

■国産国消を継続するために

― より多くの生産地と連携し安定供給を目指す

鳥貴族の国産国消への取り組みはまだまだ道半ばです。現在の基準(食品表示法(平成27年3月30日時点)で定められた国産基準)での国産国消を継続するだけでも多くの課題があります。日本は自然災害も非常に多い国であり、毎年どこかの産地が台風・地震・大雨による被害を受けています。鳥貴族の店舗数も500店舗以上となり、ひとつのメニューに使う食材だけでも、非常に大量の仕入が必要です。今後も継続的に国産国消に取り組んでいくため、まずは安定的な供給を確保できるよう、より多くの産地・生産者との連携を進めています。鳥貴族では「国産国消」を通じて、お客様の「健康」に寄与できるような取り組みを視野に、今後も「国産国消」を継続して推進します。

※自然災害や家畜伝染病予防法による出荷制限など、やむを得ない事由により「国産国消」のガイドラインに沿わない食材を使用する場合には、店頭及びホームページ上にてお客様への情報開示を行います。

主なメニューの主要食材の原産国について一覧でご覧いただけます。

PDFファイルのダウンロード

●表示するメニューについて
 メニュー表の主な食材を記載しています。
 記載対象:『焼とり』 『逸品料理』 『さらだ』 『スピードメニュー』 『ご飯もの』 『デザート』
 ※『ドリンク』については記載対象としておりません。

●表示する食材について
 使用されている主な食材について記載しています。
 ※調味料、ソース類については記載対象にしておりません。

●原産国に関して
 天候不順、急激な情勢変化により、原産国が変更される場合がございます。

PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページはこちら